TOP > 海外通販の使い方

レビトラは海外医薬品の個人輸入代行サイトを利用して購入することができます。

レビトラは輸入で購入できる

通販で購入したレビトラ

どんなED治療薬も現在は個人輸入代行業者を使うことで購入することが可能です。

「個人輸入代行業者って何?」という人も多いと思いますので、ここで個人輸入代行業者がどのような存在なのか教えていきましょう。

まずED治療薬は個人輸入をすることで誰でも海外から買うことができます。

個人輸入というのは海外で出回っているあらゆる製品を個人で取り寄せることを指します。

本来海外の製品は現地の製造元だったり日本にある代理店が国内の市場に流通させたりするものですが、個人輸入は直接海外の企業とやりとりをして購入します。

ただ個人輸入をおこなう際には当然日本語が使えない場合が多いので、英語など外国語を使えるようになっておかなければいけません。

そして海外とのやりとりなので誤送などのトラブルが起こることもあります。

そのため個人輸入はけして気軽にはできませんよね。そこで登場してくるのが個人輸入代行業者なわけです。

個人輸入代行業者はあなたの代わりにED治療薬を輸入してきてくれます。つまり、あなたは何も苦労せず、ED治療薬を手に入れることができます。

ちなみに個人輸入代行業者から購入する場合は通販サイトを利用するのと同じ形になるので、通販サイトを使ったことがある人なら普通に買い物をする感覚で買えるでしょう。

ただここで気になってくるのが「薬事法」ですよね。

じつは医師からの処方箋がない上で医薬品を提供することは禁止されています。

となるとなぜ個人輸入代行業者は薬を提供できるのか?

という疑問が出てくると思います。

まず処方箋というものには、患者さんが使用する医薬品に対して必ず医師が責任をもつことと書かれています。

しかし一方で個人輸入の場合はあくまでも個人が判断して医薬品を手に入れることになるので、医師は関わってきません。

個人輸入代行業者は医師ではなくただの代行業者なので、実際に利用する際にはすべて「自己責任」となってしまいます。

だから処方箋を医師からもらう必要がないのです。

通販サイトの利用方法

人によっては普段からまったく通販サイトを使わないという人も多いでしょう。

そこで今回はどんな人でも気軽に迷わず通販サイトでED治療薬を購入するための基本的な流れについて説明したいと思います。

まずは自分が気になる通販サイトをみつけてもらい、ほしいED治療薬を発見したら「買い物カゴ」というボタンをクリックして入れていきましょう。

欲しい商品がすべて買い物カゴに入ったら、あとは購入手続きに進んでいくだけです。

その際にはあなたの名前や住所、電話番号といった情報を入力していきます。

もし利用する通販サイトに会員登録機能があれば、事前に登録しておくことで次から住所などの入力の手間が省けたりするので便利です。

今度は支払方法を決めていきます。

主に代金引換や銀行振込、あとはクレジットカードといった方法があります。

すぐに発送してほしい場合は代金引換やクレジットカードが便利でしょう。

銀行振込は先に料金を振り込み、業者側で振り込みの確認できてから発送手続きに移ります。

あとは実際にED治療薬が到着するのを待つだけです。

ちなみに個人輸入代行業者の場合は他の一般的な通販サイトとは違って到着までにかなり時間がかかります。

そのため2週間前後は最低でもみておいた方がいいでしょう。

輸入代行は安く買える

クリニックからED治療薬を処方してもらうこともできますが、個人輸入代行業者から購入する方が断然安く手に入ります。

そのため料金を抑えるために多くの人が個人輸入代行業者を利用していたりします。

ではそもそもなぜ個人輸入代行業者から買えば安くなるのか?

じつはそこには大きな理由があります。

その理由としていえるのが、まだ日本で認可されていないようなジェネリック医薬品を入手できるからです。

いろんな国の法律上、まったく同じ有効成分であっても国内で売ることが可能なものと不可能なものが存在します。

特に国によっては知的財産権に関する考え方に違いがあったりするので、海外から購入したED治療薬を個人輸入代行業者に日本へ輸入してもらいます。

ジェネリック医薬品は輸送料を踏まえたとしても国内で購入するより最大10分の1くらいの費用しかかからないので、安く購入できてしまうということです。

送料がどの程度必要になるか

個人輸入代行業者を使ってED治療薬を買う場合、いくらくらい送料を取られるのか?

海外から取り寄せるということを考えるとすごく高くつきそうなイメージがあるでしょう。

しかし実際にかかる送料はいたって普通です。

あなたが個人的に輸入するわけではありませんので、支払う送料は1,000円前後が多いです。

また他の通販サイトと同様にまとめ買いをすることで、送料が無料になる場合もあります。

だから個人輸入代行業者を使うといっても、送料を深く気にする必要はないでしょう。

ただし離島に住んでいる人は送料が高くなることもあるので、その場合は必ず通販サイトで送料のチェックをしておいてください