ED治療薬レビトラがどのように勃起不全の症状を改善するのか、EDの原因と共に解説します。

ED治療薬とは

ED治療薬

現在、さまざまな病気や症状が確認されています。

どんな病気・症状であっても、私たちにとっては決して良いものではありません。

男女が共通してかかる病気もあれば、男性だからこそ発症してしまう病気もあります。

そのひとつがED(勃起不全)なのです。

EDは男性にとってかなり深刻な問題ですが、ありがたいことに現在は優れたED治療薬が開発されているため、症状を改善させることができます。

ED治療薬にはレビトラ、シアリス、バイアグラと3種類ありますので、それぞれの特徴を理解したうえで、みなさんに適した治療薬を使っていきましょう。

レビトラ

レビトラ

では、まずレビトラ、シアリス、バイアグラがそれぞれどんなED治療薬なのかを紹介していきます。

レビトラは塩酸バルデナフィル水和物を主成分としたED治療薬です。

ドイツにある製薬会社「バイエル薬品」が開発したもので、バイアグラに次いで2番目に日本で認可されたED治療薬です。

レビトラは他の2種に比べて水に溶けやすく、それによって即効性が極めて優れています。

早ければ服用してから10分ほどで効果を発揮することもあります。

ED治療薬の効果が出始めるのはだいたい服用してから1~2時間ほどと言われていることを考えると、レビトラの即効性がどれだけすごいかわかるでしょう。

10mg錠であれば5時間程度、20mg錠であれば10時間程度は効果を持続させてくれます。

空腹時にレビトラを服用する方と効き目が早くなってオススメです。

シアリス

シアリス

シアリスはイーライリリー社が開発したED治療薬で、現在は世界的に最も売れているED治療薬となっています。

主成分はタダラフィルであり、効き目が長時間持続することを大きな特徴としています。

一般的にED治療薬の作用時間は5時間ほどなのですが、シアリスの場合はなんと最低でも24時間、最大で36時間も効き目を持続させてくれるのです。

他のED治療薬とは比べものにならない作用時間を誇るうえ、食事の影響を受けることもほとんどありません。

ただし、効果が効き始めるのは遅いので注意しましょう。

バイアグラ

バイアグラ

最後に紹介するのがバイアグラですが、この名前を聞いたことがある人は大勢いるのではないでしょうか。

世界的に有名な製薬会社「ファイザー社」が開発したED治療薬であり、日本で初めて認可を受けたED治療薬でもあります。

シルデナフィルクエン酸塩を主成分としていて、効き目も安定して高くなっています。

現在は世界シェア率トップの座をシアリスに奪われてしまったものの、その人気はまだまだ根強いものとなっています。

レビトラの即効性や、シアリスの作用時間のように、特筆すべき点はないですが、バランスのいいED治療薬となっています。

勃起の仕組み

勃起の仕組み

EDという病気を説明する前に、まずそもそも男性のペニスはなぜ勃起するのかを知っておきましょう。

男性のペニスには陰茎海綿体と呼ばれているスポンジ状の部分があります。

ふだんは陰茎海綿体につながっている血管や平滑筋は縮んでおり、血液が中に流れこまないようにできています。

しかし、性的刺激を受けることで脳の中枢神経が興奮すると、体内で一酸化窒素が放出されます。

この一酸化窒素によって陰茎深動脈と螺行動脈という2種類の血管が緩み始めます。

加えて、平滑筋も緩むことで、血液が陰茎海綿体へ流れ込める状態になるのです。

このメカニズムによって、ふだん以上の血液が陰茎海綿体に流れ込み、浸透すると、陰茎海綿体が膨張するのです。

これがペニス全体の増大と硬化につながり、勃起という生理現象になるのです。

加えて、陰茎海綿体が膨張することによって静脈が圧迫され、流れ込んだ血液が出て行きにくくなります。

勃起状態を長時間維持できるのはこのためです。

また、射精後に勃起状態が自然に解除されるのはPDE5という酵素がはたらいているからです。

この酵素によって緩んだ血管や平滑筋が再び収縮し、勃起状態がおさまって通常時のペニスに戻るのです。

EDの仕組み

EDで悩む男

勃起の仕組みで説明したように、ペニスが勃起するためには「性的刺激を受ける」「中枢神経が興奮をする」「陰茎海綿体に多量の血液が流れ込む」という条件が必要になります。

しかし、これらの条件のうち、どこかひとつでも欠けてしまうと満足いく勃起ができなくなってしまうのです。

これがED(勃起不全)と呼ばれているものです。

ED治療薬の効果

薬を紹介する医師

男性を象徴するパーツでもあるペニスが勃起しなくなってしまうというのは大きな問題ですが、そんな悩みを解決するためにED治療薬があります。

ED治療薬には血管を拡張させるはたらきがあります。

これはレビトラ、シアリス、バイアグラのどれにでも共通していることです。

勃起の条件のひとつに「陰茎海綿体に多量の血液が流れ込む」というものがありましたが、PDE5が多く生成されることによって血流が阻害されてしまい、EDになってしまいます。

しかし、ED治療薬を服用することでPDE5を抑制し、血管が広がるため、血液が陰茎海綿体に再び流れ込める状態になるのです。

即効性に優れたレビトラを使用すれば、このED改善効果をすぐに発揮させることができるのです。

ただし、レビトラはもちろん、ED治療薬の効果はあくまでも「ペニスを再び勃起できる状態に戻すこと」です。

中にはED治療薬を媚薬のような薬だと勘違いしている人もいますが、ED治療薬にはそのような効果は含まれていません。

ED治療薬を服用した途端に勃起することはなく、勃起させるために性的刺激が必要なことは変わらないのです。

とはいえ、ED治療薬を使用した経験がない人からすれば、いくら説明されてもその真偽はわかりません。

使用感がどのようなものなのかもわからないでしょう。

即効性に優れたレビトラは急なシチュエーションにも対応できるのでオススメなのですが、実際にどのような効果を発揮するのかは服用してみないことにはわかりません。

そこで、レビトラ購入のための参考資料として目を通しておくべきなのが、レビトラ使用者による体験談です。

レビトラ体験談

Aさんの場合

Aさん

妻とはよく行為をするのですが、歳のせいか、1年ほど前から勃起具合の衰えを感じ始めていました。

勃起自体はするものの、昔よりもだんだん時間がかかるようになってしまったのです。

現在は勃起するまでに時間がかかってしまうだけにとどまっていますが、このままだと勃起しなくなってしまうのも時間の問題ではないかと焦り始めました。

妻とは行為を無しにしても良い関係ですし、仮に勃起機能が衰えてしまってもたぶん問題はないと思います。

ですが、まだ現役でいたいという思いから、レビトラの服用を決めたのです。

近場の信頼できそうなクリニックに行って相談し、無事レビトラを入手。

ED治療薬を使うのは初めてでしたが、評判通りの効果を発揮してくれました。

服用してから15分ほどで効果が出て、スムーズに勃起できたのです。

行為中も特に問題はありませんでしたし、気になるほどの副作用もありませんでした。(多少の頭痛はありましたがすぐ治まりました。)

それからというもの、行為をするときは毎回レビトラを使用するようになり、おかげさまで妻との楽しい時間を過ごせています。

Bさんの場合

Bさん

彼女とはよく性行為をして愛を深めていたのですが、ある日、射精するところまでいけずに終わってしまいました。

その日はたまたま疲れていたのだと思い、彼女には謝りながらもそこまで心配してはいませんでした。

ですが、その次も、そのまた次も最後まで性行為をすることができなかったのです。

さすがにこれはおかしいと思ったのですが、EDだとは思っていませんでした。

勃起させることはできますし、挿入も問題なかったからです。

彼女もかなり心配してくれていましたし、私自身も焦りが生まれ始めていたので、ネットでいろいろ調べてみました。

すると、中折れというEDであることが発覚。

30代という若さでEDにかかってしまったことにはさすがに衝撃でした。

しかし、専門の病院に行けばEDは治療してもらえると書いてあったので、急いで相談しに病院へ。

診断結果はやはりEDだったのですが、そこで治療薬として処方されたのがレビトラだったのです。

次の休日、さっそくレビトラを飲んでから彼女と性行為をしてみました。

すると、勃起するまでの時間がふだんよりも早くなったのです。

さらにペニスのたくましさも増しており、その時点で私は期待で胸がいっぱいでした。

ドキドキしながらも行為を続け、緊張の挿入へ。

最初のうちはお互いペニスの状態を気にしながらだったのですが、普段なら萎え始めるタイミングでもまったくその様子はありませんでした。

そして、そのまま最後まで性行為を進めることができたのです。

その日を境に、昔のようにまた彼女との時間を楽しめるようになりました。

ED治療薬に対して少し危険なイメージを持っていたのですが、この経験によって考えは一気に覆りました。

EDに悩んでいる男性は多いと聞くので、似た境遇にいる方は勇気を出してED治療薬の力を借りてみることをオススメします。

Cさんの場合

Cさん

みなさんは個人輸入代行って知っていますか?

どんな医薬品でも注文できる通販サイトで、もちろん危険なものではありません。

EDに悩んでいた頃に友人からこのサイトのことを聞き、僕はED治療薬で有名なバイアグラを購入し始めました。

この通販サイトを利用すること自体はまったく不都合がなく、バイアグラもしっかりその効果を発揮してくれていました。

ただ、僕の場合はバイアグラの副作用である頭痛がひどかったのです。

最初の頃は我慢していたのですが、何日も頭痛が続いたことから他のED治療薬を購入することにしました。

シアリスかレビトラか迷いましたが、即効性が強くて急なタイミングでも対応できるレビトラを選びました。

確かにレビトラは飲んでから効果を発揮するまでの時間が非常に早く、日によっては10分ほどで効果を発揮してくれました。

その即効性も驚きでしたが、それ以上に驚いたのはまったく副作用が出なかったことです。

レビトラの副作用にも頭痛があったので少し心配ではあったのですが、どうやら僕にはレビトラが合っていたようです。

レビューでは、レビトラを飲んだことで鼻づまりがひどくなったという人もいたのですが、そうした副作用もまったくありません。

薬の効き目には個人差があることを改めて実感した瞬間でしたね。

すべての男性にレビトラが合うわけではないと思いますが、バイアグラやシアリスであまり効果を実感できていない人や、副作用に悩まされている人はレビトラの購入も検討してみてはいかがでしょうか。

もちろん初めてED治療薬を購入する人にもオススメできるモノだと思っています。

EDという病気

EDのことを考える男

ある日彼女とデートをしてホテルに行ったとき、「あれ?勃起しないぞ…」と思ったことはありませんか?

「彼女とキスをしたり抱き合ったりしてもなぜか勃起しない…どうして?」

とあせったことがある人は、もしかするとEDになっているかもしれません。

EDというのはわかりやすくいうと、性的な刺激があっても勃起しにくくなる状態を指します。

他にも「勃起障害」と呼ばれることがあるEDですが、若い人からお年寄りまで年齢問わずいろんな人が発症してしまっている症状になります。

特に多いのが40歳以上の人だといわれていて、60歳を超えると2人に1人は自分がEDであることを自覚していることが多いです。

EDになってしまう原因には色々ありますが、現在日本ではなんと「成人男性の4人に1人がなってしまっている」悲劇的な状態です。

つまりEDはけして他人ごとではなく、あなたも同様にEDになってしまう可能性があります。

もっといえば自分ではそう気づいていないだけで、すでにEDになっている人もいるかもしれません。

過去を振り返ったときに、もし勃起状態がよくなく彼女とまともに性行為ができていなかったのなら、自分がEDになってしまったことをすぐに疑った方がいいでしょう。

中折れもEDですよ

性行為ができたとしても、その最中に突如ペニスが萎えてしまったことはありませんか?

パートナーから「ふにゃふにゃになってるよ」なんて言葉をかけられたときはめちゃくちゃあせりますよね。

そんな状態のことを「中折れ」といって、そうした症状もEDに含まれたりします。

ではどうして中折れをしてしまうのか?

中折れについては後から詳しく説明する「心因性勃起不全」の可能性が非常に高いです。

心因性勃起不全というのは一言でいうと精神的な状態によって生じる勃起不全なんですが、いろんな焦りやプレッシャーによってうまく勃起しなくなることがあるのです。

マスターベーションの影響も

またEDの人はよくマスターベーションなら普通にできるという人がいます。

じつはそんなマスターベーションも中折れの原因となりうるのです。たとえば普段マスターベーションをする際に激しくやりすぎていませんか?

強い力でペニスを握ってしまったり、または手を異常なくらいに早く動かしたり、強い刺激を与えるクセがあるとそれに慣れてしまいます。

そうなると並の刺激では物足りなさを感じるようになって、性行為の最中に勃起を維持しにくくなるのです。

EDはとにかく自覚していない人が多いのが大きな特徴です。

放っておけば深刻化する可能性も

また、自分がEDであることを認めたくないという人もいるでしょう。

しかしそのまま放っておけばどんどん深刻化していく可能性も出てきます。

たとえば軽く勃起はするけれどギンギンに勃つところまではいかないとか、勃起はするけれど完全に勃起するまでにかなり時間がかかる、といった人はほぼ間違いなくEDになってしまっていると断言します。

ここぞというときに勃起しないとパートナーによっては

「自分に魅力がないのかな…」

と勘違いしてしまうケースもあるので、そんな辛い気持ちにさせないようにしなければいけません。

だからこそ少しでもEDかもしれないと思ったときは、積極的にED治療薬に頼っていくべきでしょう。

自分にかぎってそんなことは…と思っていたとしても、一度過去を振り返ってみてEDかどうかを疑ってみてください。

EDにはタイプの違いがある

ED疑惑で頭を抱える男

ひとことでEDといっても、その原因にはさまざまなものがあります。

つまり人によってEDになってしまう理由は異なり、根本的に解決していく方法も変わっていきます。

たとえば多くの人に発症しやすいのが「心因性勃起不全」というもので、こちらのタイプは精神的な要素が原因になっています。

そして体に何らかの原因がある際に起こるのが「器質性勃起不全」になり、これらの2つを兼ね揃えているものが「混合性勃起不全」となります。

他には、いつも飲んでいる医薬品の副作用が影響して起こる「薬剤性勃起不全」も存在します。

実際に自分がどのタイプに当てはまるのかはおそらくわからないと思いますので、必ず病院に行って医師と相談することをおすすめします。

それぞれのタイプの詳しい説明を次の項目でさらにしていきましょう。

EDのタイプごとに違った原因が

心因性勃起不全

ストレスに悩まされる男

ではまず「心因性勃起不全」の説明に移っていきたいと思います。

こちらの勃起不全は特に体の機能がおかしくなって生じるものではなく、主に精神的な要因によって引き起こされるタイプです。

たとえばうつ病や統合失調症などの精神疾患から、日常生活で感じてしまう人間関係のストレス問題まで、色々な原因によって心因性勃起不全は起こってしまいます。

実際に心因性勃起不全に悩む人は自分なりに勃起するように努力をしても、その努力がプレッシャーとなってしまって失敗する場合もあります。

純粋に興奮状態になることができず、とにかく相手の顔色をみながら「なんとかしないと」ということを常に思ったりしてしまい、結局勃起までいかないわけです。

ちなみに心因性勃起不全には過去のトラウマが原因になっている場合もあったりします。

小さいときに性的虐待を受けたことがある人や、本人が忘れているような精神的外傷も心因性勃起不全の原因になります。

器質性勃起不全

次に「器質性勃起不全」というEDですが、こちらの原因は精神的なものではなく肉体的なものになります。

たとえばよく挙げられるのが「加齢からくる勃起不全」です。

なぜ年齢を重ねるごとに勃起不全になりやすくなるのかというと、廊下によって血管や神経といった部分にいろんな障害が起こったりします。

主に動脈硬化によって発生する血管障害はまさに原因のひとつです。

人間は絶対に歳を重ねてしまいますので仕方がないことだといえますが、若いうちから予防する方法もあるのでしっかり対策をしてほしいと思います。

また、生活習慣病によっても器質性勃起不全になる場合があります。

高血圧や糖尿病だったり、脂質異常症といった生活習慣病によって血管や神経が傷害を受けてしまいます。

血液循環が悪くなると勃起しづらくなってしまうため、普段多くの人が使っている何気ないタバコやアルコールも同様に危険な存在です。

もしよくタバコを吸う人や、過度な量のアルコールを摂取する人は注意しておかなければいけません。

混合性勃起不全

そしてこれら2つのタイプが両方とも重なってしまっている人は「混合性勃起不全」と呼ばれます。

混合性勃起不全は主に50代以上の人に多くみられるものなので、もしあなたがこの年齢に該当していて、かつEDかもしれないと思った際は混合性勃起不全であることを疑った方がいいかもしれません。

生きている以上はなんらかの強いストレスを感じることもありますし、50歳以上ともなれば体のいろんな部分に異常が起こる可能性も高くなります。

薬剤性勃起不全

では最後に「薬剤性勃起不全」の方も紹介しておきましょう。

普段から常用している薬から生じる副作用によって、それが勃起不全につながってしまうケースがあります。

つまり薬のせいでEDになる可能性があるわけです。

実際に常用薬の取扱説明書などには副作用として勃起不全になることが書かれていないことが多いので、いつのまにか気づかないうちに薬剤性勃起不全になってしまっている人もたくさんいます。

ちなみに日本では薬を処方する医師も、その薬が性機能に何らかの作用があることを知らない場合があります。

だから薬剤性勃起不全を予防するためには、自分なりにある程度勉強しておくことも重要だといえるでしょう。

ED治療薬を使いながら治す

医者からのアドバイス

自分がたとえどのようなタイプのEDだったとしても、ED治療薬を使うことでしっかり性行為に励めるようになります。

ED治療薬さえあれば、多くの人は勃起不全の悩みから解放されるでしょう。

しかし、ここで勘違いしてはいけないことがあります。

それは「ED治療薬ではあくまでも一時的にしかEDが改善されない」ということ。

つまり効果が継続する時間がかぎられており、それぞれのED治療薬ごとに微妙な違いがあります。

根本的にEDが解決するわけではないので、性行為をするときは都度ED治療薬を服用していかなければいけません。

根本的にEDの原因の解消には?

じゃあどうすれば根本的にEDの原因を解消できるのか?

ED治療薬を利用して根本的に原因を解消できる場合もあったりします。

特に長時間効果を発揮するED治療薬を利用することによって、ED治療薬を服用していつでも勃起することができるという安心感が生まれ、緊張や焦りなどが解消されて根本的な改善が実現したりすることも珍しくありません。

ただし「器質性勃起不全」の場合は、根本的な解決をする際にED治療薬よりも、精力剤を使ったりサプリメントを使った方がいいでしょう。

といってもED治療薬を一切使わないわけではなく、ED治療薬を一時的に服用しながら一緒に精力剤やサプリメントを使っていく形になります。

そこから運動や食事の改善もしておけば、いずれ根本的なEDの解消につながっていくでしょう。

EDの予防も大切

運動をしてEDを防ぐ

まだ自分はEDではない!という人は、これからどのようにしてEDの予防をしていけばいいのか?

一度EDになってしまえばED治療薬のお世話になってしまうことになるので、しっかり予防をして大変な未来を迎えないようにしましょう。

できるだけ早い段階で予防するという意識を持つことが、いつまでも元気なペニスを維持する上でとても重要です。

まずEDの予防についてはとにかく規則正しい生活を送るようにすることが大事です。

「心因性勃起不全」も「器質性勃起不全」も、原因となるほとんどの要素が普段の何気ない生活環境になります。

今から説明していく内容をしっかり確認して、ぜひEDになりにくい体を作っていきましょう。

健康的な食生活を

はじめに「食事」です。

現代人なら食生活が乱れているような人も多いと思います。

特に「器質性勃起不全」には生活習慣病が大きく関わってくるので、いつでも健康的な食生活を心がけるようにしてください。

それだけでも勃起不全になりにくくなります。

運動でストレスを発散

続いて「運動」です。

大人になったら仕事以外で体を動かす機会があまりないという人も多いでしょう。

体力を使うような仕事をしている人ならいいですが、デスクワークなど体を動かさないような仕事をしてる人は血液の流れが悪くなったり筋肉が衰えたりするのでそこから勃起不全につながってしまうケースもあります。

また体を動かすことは「うつ病」の対策にもなるので、「心因性勃起不全」になるリスクも軽減することができます。

心身のリラックス

次に「心身ともにリラックスすること」です。

人間は生きている以上、仕事や人間関係などでストレスを抱えてしまいがちです。

ストレスはEDに大きく影響してしまう要因となるので、ストレスを溜め込まずにちゃんと解消していくことが重要だといえます。

ストレスの解消法は人それぞれです。体を動かすことだったり、読書や音楽鑑賞をしてストレスを発散するという人もいます。基本的には、自分が好きなことを楽しむことがストレスを解消することにつながっていくので、趣味を持ったりリラックスできる環境を作ることは、ED予防を行う上で非常に重要なポイントとなります。

以上の項目がEDの予防には重要な要素となります。

全体を通してみてみると、とにかく食事と運動に加えてしっかり気持ちをリラックスさせるようにすることが、EDになりにくい健康的な体を作ることにつながります。

EDは若い人でもなります

疲労する男

EDは主に中年男性から高齢者に多くみられますが、現代では若い人の中にも頻繁にみられるようになっています。

もちろんその原因は人それぞれ違いますし、症状に関してもまったく勃起しない人もいれば、勃起はするけどすぐにおさまってしまう人もいます。

ちなみに生まれてからずっと勃起しない人もいて、そういう人は「一次性インポテンツ」と呼ばれます。

そしてそれ以外の原因で起こる勃起不全を「二次性インポテンツ」と呼びます。

一次性インポテンツは主に男性ホルモンが少ないことで起こり、二次性インポテンツは年齢を重ねるごとに衰えていく体の機能が原因でよく起こります。

しかし最近では早くて10代後半から20代といった人にもよくEDがみられていて、その原因として一番大きいのが心因性の要素になります。

社会的なストレスから統合失調症といった要素には十分に注意していかなければいけません。

他にも「恋愛インポテンツ」や「新婚インポテンツ」というようなものまであります。

たとえば新婚インポテンツというのは結婚するまでは正常に性行為ができていたのに、セックスレスなどが原因でEDになる場合があるのです。

EDは早期治療が大切

医師のカウンセリング

自分がEDだとわかったら、できるだけ早めに治療しなければいけません。

どんな病気でもいえることですが、早期治療こそがスムーズな解決へとつながるのです。

では万が一EDをずっと放置してしまうとどうなるのか?

残念ながらEDという症状は放置したところで自然と改善されるようなものではなく、むしろさらに深刻化してしまうことになります。

最悪の場合マスターベーションもできなくなってしまう可能性があります。

そのため医師からカウンセリングを受けたり、治療薬の服用をしていくのがとても大切です。

セックスレスが離婚の原因に

特にパートナーがいるような男性は、EDの早期治療が必須だといえます。

結婚していれば子供のひとりやふたりは作ることがあるでしょう。

仮に作らなかったとしても、夫婦同士のコミュニケーションとして性行為をする機会はできるはずです。

現在セックスレスになってしまっている夫婦が増えているという状態が日本家族計画協会の調査で判明していますが、セックスレスは夫婦のすれ違いを生み出し離婚の原因になってしまいます。

男性側の拒否

そしてセックスレスの原因として一番多いのが「男性側の拒否」です。

拒否する理由は人それぞれだと思いますが、EDが原因でパートナーにいえず拒否している人もいます。

何度も拒否するようになれば、そこから夫婦関係は一気に冷え切ってしまうでしょう。

せっかく普段仲がよかったとしても、セックスレスが原因で離婚しまうようなことは全然あります。

EDをさらに深刻な状態にしないためにも、そしてパートナーを傷つけないようにするためにも、必ずEDの治療はすぐにおこなうようにしましょう。

おすすめの記事

通販で購入したレビトラ

海外通販の使い方

レビトラは海外医薬品の個人輸入代行サイトを利用して購入することができます。

レビトラ各種セット

レビトラの服用方法

レビトラの効果を有意義にするためにも服用方法や副作用について詳しく解説します。

通販で購入する男

通販での購入方法

レビトラを海外医薬品の通販で入手する方法・手順を分かりやすく解説します。

バリフ

ジェネリック薬

レビトラのジェネリック医薬品は通販で安価で購入することができます。